自動応答使い方

自動応答とは

ユーザーが送信してきたメッセージと、設定した『キーワード』が一致した際に自動で応答する機能です。



①elink管理画面にログインし、『メッセージ』をクリックします。


②『自動応答』をクリックします。



③『+新しい自動応答』をクリックします。



④『キーワード』を入力し、必要事項を入力します。

完全一致と部分一致が選べます。用途によって選択してください。



⑤『メッセージタイプ』を選択し作成後『メッセージ保存』を押したら完成です。

※文字化けするので「①」「❶」は使用しないでください。

※各メッセージごとに保存してください。(一気に保存できません)



メッセージタイプの種類

▼テキスト


▼画像



▼動画



音声


カルーセル



画像カルーセル



▼ボタン



▼選択ボタン



▼位置情報



FlexMessage



リッチコンテンツ



クイックリプライ


メッセージ取り消し

メッセージを取り消したい場合に選択し、保存します。

例)メッセージ1~3まで設定済み→メッセージ3のみ不要な場合、メッセージ3を『メッセージ取り消し』を選択します。

自動応答のテキストでURLを入力すると、配信時にelinkのURLに変換される様だが通常のURLを表示したい。

自動応答のURLクリック実績でクリック数を計測するためにelinkのURLに変換されています。

elinkのURLに変更したくない場合は、自動応答メッセージ作成時にクリック計測の「計測不要」にチェックを付けて登録すれば変換されません。

自動応答のテキスト変更方法が知りたい

管理画面サイドメニュー『メッセージ』→『自動応答』→該当の自動応答を『編集』→内容を変更後に『メッセージ保存』で変更可能です。

リッチメニューと自動応答の準備をしたい

現在設定しているリッチメニュー、自動応答は●日までそのまま動かしながら、●日から、リッチメニューおよび自動応答内容をすべて変更したい場合、ユーザーに内容を公開しないように準備が可能です。



自動応答の準備

準備しておきたい自動応答を作成し、セット後に一覧から『停止』にすれば準備完了です。稼働させたいタイミングで『稼働』に切り替えてください。



リッチメニュー変更に伴う準備と手順


①準備しておきたいリッチメニューを作成します。『デフォルト表示しない』を選択します。

②タグ作成・タグ追従リッチメニューの作成を行います。
切り替え日に既存ユーザーに作成したタグを付与することで、「①」のリッチメニューに切り替えができます。(タグ名は「〇月〇日切り替え」など何でもOK)

➂切り替え日に「①」のリッチメニューをデフォルト表示に変更します。
これにより、デフォルト表示に変更した後に新規LINE登録したユーザーには「①」のリッチメニューが表示されます。

切り替え日に 「②」で作成したタグを既存ユーザー全てに付与します。

会員(友だち)>会員操作>BOT選択>検索>一括付与

※一括タグ付与は時間がかかります。(おおよその目安:1時間で約8,000人の付与)

対応時間外に対応できない旨のメッセージを配信する

対応時間外に対応できない旨のメッセージを配信するには、下記のように『自動応答で「平日の前半」「平日の後半」「土日祝日」の3パターン作成します。

※「土日祝日」の設定のみ手動で『稼働』『停止』を休み前後に行う必要があります。土日祝日に稼働させ、休み明けに停止してください。



・「土日祝日」は『未該当』にチェックし、作成します。







「平日の前半」「平日の後半」は『未該当』『時間外応答』にチェック後、『有効期間』『有効時間』を選択し作成します。

自動応答が反応しない主な原因

✅キーワードは合っていますか?



✅キーワードの前後のスペースが入っていませんか?



✅キーワードに文字化けする環境依存文字は使用されていませんか?


✅メッセージ1~5までが、正しく設定されていますか?

必須項目が抜けている、画像規定サイズを上回っているなど。


✅各メッセージごとに保存をお願いします。

メッセージ1~5まで一気に保存出来ません。メッセージ1を作成後、保存してからメッセージ2を作成してください。

キーワード関係なく、相手が何かチャットをしてきた際に応答するシステムを作りたい

自動応答で『未該当応答』にチェックを入れると作成可能です。



類似質問:対応時間外に対応できない旨のメッセージを配信する